img
会長あいさつ
田川攻 平成29年7月より港南歯科医師会会長に就任しました田川攻です。この度各地で起きております自然災害に対し、心よりお見舞い申し上げると共に一日も早い完全復旧をお祈り申し上げます。
 近年、「8020運動」の達成が言われ、まことに喜ばしい事ですが、一方歯周病による歯の喪失や、歯周病菌による糖尿病、心筋梗塞、動脈硬化、低体重児出産、早産、誤嚥性肺炎などへの関与が叫ばれております。歯の喪失により、噛む力が減り、咀嚼回数の低下により唾液分泌も少なくなり、病気に対する抵抗力も減ってきて健康力の低下につながります。
 また2025年問題に代表される超高齢化社会に向かう中、平均寿命と、健康寿命の差をなくす上で、歯周病の予防や治療が健康寿命の延伸に大変重要になると思われます。
歯科医師会会員は日々研鑽努力しています。また、糖尿病患者さん,がん患者さんなどが治療を受ける他科の医療機関との病診連携を構築しております。そして入退院後も含めて口腔ケアへの関与を通して健康増進の一翼を担いたいと考えております。
 また、歯科医師会では訪問診療、心身障害児者診療を行うと共に、多職種連携会議や徘徊、認知症高齢者対策会議、災害時対策協議会等多数の会議へ参加して地域住民への健康及び安心安全に寄与したいと思っております。
 また、福祉保健センターでの、1歳6か月児、3歳児健診、歯周病講座、「歯と口の健康週間行事」での健診・フッ素塗布・歯科相談、「港南区ひまわり健康フェア」での健診・相談、口腔がん無料検診などの活動も行っております。
 今後とも、会員一同地域住民の皆様に寄り添う活動を通して皆様に貢献してまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
pagetop
copyright